[iPhone] Ad Hoc によるテスト方法

アプリのリリースの前にテスト目的配布してテストをするためにAd Hocを使います。アドホック配布のためには、アプリケーションのアーカイブを作成するか、アーカイブ済みアプリケーションのiOS App Store Package(.ipa)を使います。

Ad Hoc

Ad Hoc とはラテン語で「限定目的のための」のような意味だそうです
developer.apple.com によれば
アドホック配布ではアプリケーションが動作する「デバイスを限定」するそうです

テストするデバイスのUDIDを設定

 
テストするための実機の UDID を確認します。(自分のUDIDは既に登録してあるので、あえて言う事もないかもしれませんが)
iPhone を Lightningケーブルに接続した状態で
Xcode から「Window」->「Devices」を選び
 

 
左のリストで xxx のiPhone を選択すると
 

 
iPhone の Identifier が見えます。これをメモっておきます

Certificates, Identifiers & Profiles にアクセスします
Sign in して
 
「Developer」画面左から「Devices」「All」を選びます
右上の「+」で新しく追加します
 

 
Device の登録をします。名前は適当に分かるものにして
UDID は先ほどの iPhone Identifier を入れます
 

 
「Submit」で成功すればリストに追加されます
 

Provisioning Profile の作成

 
Ad Hoc 用の Provisioning Profile を作成します
Provisioning Profile の作成 を参考に iOS Dev Center で作ってください
Provisioning Profile としては、Development 用と Distribution 用があります
その Distribution の項目で Ad Hoc を選択します
 

 
また、テスト用のデバイスを選択しておきます
 

 
Profileが出来上がりましたのでダウンロードします。
 

 

Bundle ID

 
Xcode を起動して project の「TARGETS」に
Bundle ID と Version を設定

ここに Bundle Identifier が出てこない場合は、
ダウンロードした Provisoning Profile を実行してください
xxx.mobileprovision をダブルクリックです

Team に開発者登録されている Team 名を入れる
 

 

Archive

 

「Product」「Archive」を実行します
 
Archive が成功するとリストアップされます
Validate はせずに「Export」します
 

 
Ad Hoc を選択
 

 
有効なTeam を選択
 

テストするデバイスを選択


 
「Export」をクリックして、適当な場所に ipaファイルを保存します
 

 
次は、実機での確認です
 

iPhone テスト

 
Xcode で Archive, ipa ファイルの生成が終わったところで
このipaファイルを使ってテストします
 
iPhoneでテストする主な方法として

  1. サーバーに ipa ファイル上げてダウンロード
  2. iPhone 構成ユーティリティーアプリを使う
  3. TestFlight を使って iTunes Connect で利用する
  4. iTunes を使ってインストールする

サーバーに ipa ファイルを置いてのテストは、SSL 仕様のドメインが必要です
もちろんダウンロードファイルや、plistファイルを作る必要があります
 
ここでは、iTunes を使う方法で簡単にテストしてみたいと思います
 

iTunes

 
iPhone をライティングUSBケーブルにつなぐと
iTunes に iPhone が表示されます
 

 
設定のAppを選び
ファイルの「ライブラリに追加…」から
テストしたい ipa ファイルを取り込みます
 

 

ipaファイルがリストに表示されます。
リストにあるアプリの「インストール」ボタンをクリックして
右下の「同期」ボタンでiPhoneに転送します
 

Apple IDとパスワードを入力


 
これで、iPhone上にアプリがインストールされてテストすることができます。
 


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする