[iPhone] if 文での比較

Swiftでのif文の使い方です。
 
PC

Swift 4.1
Xcode 9.4.1

 

if 文

 
if文は比較して真偽(true/false)を判定しますが、そこで演算子を使います。演算子には以下のようなものが主に使われます。

  • a > b
    • aがbより大きい:true
    • aとbが等しい、またはbが大きい:false
  • a < b
    • aよりbが大きい:true
    • aとbが等しい、またはaが大きい:false
  • a == b
    • aとbが等しい:true
    • 等しいくない:false
  • a != b
    • aとbが等しくない:true
    • aとbが等しい:false
  • a >= b
    • aとbが等しい、またはaがbより大きい:true
    • aがbより小さい:false
  • a <= b
    • aとbが等しい、またはaがbより小さい:true
    • aがbより大きい:false

 

 

数値の比較

 
if文、シンプルな条件分岐の書き方、大きいかどうかの判定

 

 
条件の真偽の両方を判定する場合はelseを追加します

 

 
大小を比較するだけでなく、同じか否かの判定もできます。

 

 
否定の真偽判定

 

 
等しいか大きいかの判定

 

 
等しいか小さいかの判定

 

 
これら数値判定は、比較する数値の型があっていないといけません。
 
例えば、異なる型の比較ではエラーとなります。
 

 
Double型をFloat型に変換すると比較することができます。
 

 
型変換は以下を参考にしてください。

Swiftにおける数字と文字の変換について 基本的には Int(), String(), Double() のキャストです
 

文字列の比較

 
文字列の比較は Objective-C ではisEqualToString:を使っていましたが、Swiftでは
数値の比較と同じように == でできます。
 

 
異なる文字列かどうかの比較は != を使います
 

 
大小の比較 < > はどうでしょうか
 

 
abcの方がabeよりも小さいという判定です。
これは、文字を数値としてコンピュータでは扱うためで、あくまで数値として比較しているからです。

一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。


TECH ACADEMY
自宅にいながら1時間でプログラミング基礎を習得

こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン



とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約20,000名の受講生と300社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。


Play Ground
本業と並行してやるには月額制なのがありがたいです。


無料で転職まで
これはiOSアプリ限定ではありませんが無料です
その代わり就職することを前提にしたスクールで「エンジニアになって職を得たい」のであれば手っ取り早いかもしれません


誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする