iPhone アプリ開発


iOS アプリ開発

 
iPhoneアプリ(iOSアプリ)の開発の方法を簡単に説明していきます。だんだん細かく、裏のことも書きたくなるのですがぐっとこらえて「分かりやすく」なるようにしていきたいと思います。

 

 
 

Swift

    1. UILabel
    2. UIButton
    3. UIImageView
    4. UITableView
    5. UICollectionView
    6. UITextField
    7. UIScrollView
    8. UIPickerView
    9. UIBezierPath
    10. Audio
    11. UIGestureRecognizer
    12. Map
    13. Web
    14. Device
    15. Camera
    16. NavigationController
    17. UIAlertController
    18. CoreMotion
    19. Background Task
    20. データ保存
    21. AI

 
Tips

  1. safeAreaInsets をコードで取得してSafeAreaに対応する
  2. UIColor ボタン、ラベルなどの色設定
  3. Localization 多言語対応の設定
  4. Timerを使ってストップウォッチを作る
  5. CocoaPods を導入、rubyを設定をする
  6. Segueで画面遷移させる
 
 
 

今更Objective-Cは無いでしょうというご意見もありますが、過去にObjective-Cで作ったアプリをSwift に書き直すことは大変です。

というわけでわずかながらニーズがあるようなのでこれらの記事を残しておきます。また一部ですがXcodeをより新しいバージョンで確認してあります。

  1. Storyboard を使わずに画面遷移
  2. UIImageView:使い方と定義
  3. UIImageView:画像のサイズを変更、拡大縮小する
  4. UITableView:TableViewの作成
  5. UITableView:セルの選択
  6. UIScrollView:ページ横スクロール
  7. UIImage:使い方と定義
  8. UIImageView:アニメーション
  9. UIGestureRecognizer:タップを認識
  10. UILabelをコードだけで設定
  11. UITextField:キーボードを閉じる
  12. UICollectionView:Grid 表示
  13. UIView:基本設定
  14. CGAffineTransform:画像を回転、移動、反転
  15. AVAudioplayer:音楽の再生
  16. CALayer:画像のぼかし、モザイク
  17. MapView:地図の表示
  18. CoreMotion:傾きを検出
  19. Web ブラウザを WKWebView 等で作る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



Apple Watch Series 4
44mm
(GPS)/(GPS+Cellular)
スペースグレイアルミニウムケース
ブラックスポーツバンド