[iPhone] System Sound の再生

iPhone がシステムで持っている音源やバイブレータなどを再生させてみましょう。音楽再生とくれば AVFoundation の AVAudioPlayerですがAudioToolbox のフレームワークにある
AudioServicesPlaySystemSoundを使うと簡単にできます。

簡単に再生する例を作ってみます

syssound0
 

Swift 4.0
Xcode 9.0

 

System Sound Services

 
最初に AudioToolbox.framework をプロジェクトにインポートします。
「Build Phases」「Link Binary With Libraries」に「+」で追加
 
screen-shot-2016-09-28-at-12-03-29
 

SystemSoundID

 
IDを指定するだけでとても簡単です。IDはiPhoneでも多数選択できるように色々あります。
 

 

ファイルパスを指定して再生

 
端末内のシステムサウンドを直接指定して再生します。この場合ボリュームやミュートの影響を受けます。
 

 

独自音源ファイルパスを再生

 
サンプルとして mp3などをプロジェクトに追加します。30秒以下などの幾つかの制限があったりします。
mp3ファイルをプロジェクト内にaddしておきます。
System Sound Services
 

 

バイブレータを再生

 
これだけ別処理で直接できます。
 

 

まとめてみると

ViewController.swift

 

これらのテストの確認は以下の環境設定で実施しましたが、vibraterは当然マナーモードでないと動作しません。またAirPodsはマナーモードでは音楽は聞けますが、これらシステム音は聞こえてきません。

simulator iPhone iPhone(マナーモード) AirPods AirPods
(マナーモード)
SystemSound OK OK OK
photoShutter.caf OK
new-mail.caf OK
sample mp3 OK OK
vibrater OK  OK

 

 
Ref: System Sound Services Reference


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする