[iPhone] UIAlertController アラート表示の設定

ちょっとしたNotificationにアラートダイアログを使いたいときは、UIAlertControllerを使えば簡単に設定できます。

ボタンタップでアラートダイアログが現れて、選択した結果はラベルに表示される例です。
 

Swift 3.1
Xcode 8.3.2

 

UIAlertController

 
基本的な使い方は、以下のように、UIAlertControllerのインスタンスを作り、

  • Default
    • 通常の選択肢
  • Destructive
    • 赤文字となり、否定的な選択肢
  • Cancel
    • 1つしか表示できず、一番下になる

それぞれの選択肢のactionを追加
UIAlertControllerの起動
となります
 

 

実際の例として、ボタンタップでアラートを表示してOKかCancelを表示させてみます。

ViewController.swift

 

 
これはスタイルが「alert」でしたが「actionSheet」にするとダイアログが下にでき、Cancelが別に表示されます。
 

 

 

Reference:
UIAlertController


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする