[iPhone] iOSアプリで図形を描画するにはUIBezierPathを使う

iOSアプリに◯や三角などの図形を描きたい事は多いです。そんな時はUIBezierPathを使います。iOSでのグラフィックスの扱い方について見てみましょう。
 

Swift 4.2.1
Xcode 10.1

 

UIBezierPath

 
bezier とはベジェ(Bezier)曲線からきているのでしょうか?とすると自由曲線が描けるわけです。まず、ここでは簡単な矩形や楕円などの描画方法を試してみます。
iOS UIBezierPath Class Reference
 

UIView クラスを作成して直線を描く

 
まず押さえるところとして。UIViewからのクラスを作り、それを UIViewController から呼び出して使います。
 
ナビゲーションエリアでプロジェクトを右クリックして
新しくクラスを作成します
 

 
「iOS」->「Source」->「Cocoa Touch class」
 

 
Subclass of には UIView を指定します。
ここでは TestDraw というクラスを追加
 

 
プロジェクトのフォルダ内に保存先を指定して「Create」します
 
TestDraw.swiftが生成されます

 
override func drawRect(_ rect: CGRect){ }
 
がコメントアウトされているので、ここにUIBezierPath を使ってコードを記述します。

  1. UIBezierPath のインスタンス生成
  2. 起点の設定
  3. 帰着点をセット
  4. 色の設定
  5. ライン幅
  6. 描画セット

 
TestDraw.swift

 
ViewControllerから TestDraw を呼び出し、描画するフレームサイズを指定して
インスタンスを生成しview に追加します。
 
self.view.bounds.width
self.view.bounds.height

としてスクリーンの横幅と縦幅を取得
 
ViewController.swift

 
描画領域 TestDraw はデフォルトでは不透明で黒くなっています。
isOpaque = true

 

 
 

図形を描画

 
その他にも図形を描画するメソッドがあります

  • 三角形
  • 楕円(円も含む)
  • 矩形
  • 角が丸い矩形
  • 円弧

また、黒の背景色を変更するには先のisOpaqueをfalseに設定します
ViewController.swiftに追加

以下コードです
 
TestDraw.swift

 

背景色をブルーにしました。


 
References:
iOS UIBezierPath Class Reference
isOpaque – UIView | Apple Developer Documentation

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが
結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しなのでお得です。」


 

 

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




Apple Watch Series 4
44mm
(GPS)/(GPS+Cellular)
スペースグレイアルミニウムケース
ブラックスポーツバンド




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする