[iPhone] UIView の基本 (Objective-C)

UIViewクラスは、画面上の矩形領域と領域内のコンテンツを管理するクラスです。領域内のコンテンツの描画を処理し、またコンテンツとのインターフェースを処理します。
 
uiview

Objective-C
Xcode 9.4

 

UIView

 
UIView はGUIを作る上で基本的なもので、以下ような処理を管理しています。

  1. 描画とアニメーション
  2. レイアウトとサブビューの管理
  3. イベントのハンドリング

 

 

インスタンス生成

 
矩形領域を指定してインスタンス生成。例として、x,yの始点が0で横幅が100、縦幅が200の矩形は以下のような設定です。
 

 
インスタンスの生成してから矩形領域を設定する場合はframeを使います。
 

 

メソッド

 
主なメソッドは

  • – (void)addSubview: (UIView *)view
    • サブビューを追加
  • – (void)drawRect: (CGRect)rect
    • 図形を描画
  • – (void)sizeToFit
    • コンテンツが入るようにUIViewをリサイズ、移動する
 

プロパティ

 

frame ビューの位置とサイズを表すフレーム矩形
center 中心位置を指定
backgroundColor 背景色を指定
hidden 表示、非表示を指定
bounds 独自の座標系でビューの位置とサイズを表す境界の矩形
frame はsuperviewからみた矩形サイズで
bounds はそれ自身のサイズで回転されても変わらない

 

サンプルコード

 
UIViewのインスタンスを生成して背景色を変え
その中にUIImageViewを置いてみます。
 
ViewController.m

 
実行してViewが表示されているのを確認してください。
 
uiview
 
画像をtestViewの上に追加するのですが、位置調整は当然ですがtestViewの位置に合わせないとおかしくなります。どうぜ画面の中央ということでscreenWidth/2, screenHeight/2で設定するとずれてしまいます。
 

 
 
Ref:
UIView – UIKit | Apple Developer Documentation

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする