[iPhone] Playground で Swift を使うための準備をする

Playground は遊び場という意味ですが、インタラクティブなインターフェイスを使って、コードを書いて直ぐに結果を確認することができるので遊び感覚でできるプログラミングです。

初めてSwiftを触る、あるいはプログラム自体が初めての人にはもってこいの環境です。

Playgrounds 4.1

Playgrounds

 
以前はXcodeのTopからプロジェクト作成ができましたが、
「File」「New」「Playground」から作成するように変更になりました。

あるいは専用のPlaygroundsをインストールすることもできます。
iPadでもiOSアプリを作成して公開できるということが大きいでしょうか、iPadではXcodeをインストールできないので
 

 

Playgroundsをインストール

 
こちらからインストールします。Swift Playgrounds
iPadかMacが選べます

ここでは「MacのためのSwift Playgroundsをダウンロード」から始めます

尚、インストールに際してはApple IDとパスワードが必要です

インストールが終わってPlaygroundsを起動すると「マイプレイグラウンド」ができています
Swift、プログラムを勉強するための「コードを学ぼう1」などで学習することもができます

 

Playgroundを使ってみる

 
とりあえず「マイプレイグラウンド」をダブルクリックします


マイプレイグラウンドをダブルクリックするとエディタ画面になり
コードを書き込むことができます

例えば簡単な計算として12と24の加算のコードを記述してみます。

 
「コードを実行」の隣のアイコンをクリックしてコードを実行してみます

「36」の計算結果が表示されました

Swiftでの文字分割を確認するときなどは便利です
 

文字を分割したい事は多々あります。Swiftではcomponents(separatedBy:)、あるいはsplitを使います。 Xcod...
 

Playgroundsを使うと基本的なSwiftの確認が簡単にできます



一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。


TECH ACADEMY
iPhoneアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン




誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする