[iPhone] Swift 論理演算子や加減剰余について


今さらですが、Swift3から色々な事情で「++」と「–」が削除されました。演算子は他のプログラム言語と似通っていますが今一度確認してみましょう。

Swift 5
Xcode 10.2.1

 

演算子

 
簡単に確かめるためにPlaygroundを使いました。結果や途中経過が右画面に表示されます。


 

 

代入演算子

今更ですが算術でいうイコールとは異なるので念のため

= 代入


 

 

加減乗算

 
定番の四則演算です

+ 加算
減算
* 乗算
/ 除算
 

剰余演算子

 
割り算での余りです。

  • Intの除算では小数点以下が切り捨てられるので余りが必要な場合はこれを使います。
  • Intの除算では変数がDoubleなど整数でないとエラーとなります。
% 剰余


 

 

比較演算子

 
数値の大きさを比較する演算子です。結果はBool値(true, false)です

> より上
< より下
== イコール
>= より以上
<= より以下
!= ノットイコール


 

 

論理演算子

 
比較してBool値を返します

&& AND
|| OR
! NOT


 

 
さて、冒頭でも述べた「++」「–」は無くなり、代わりは「+=1」「-=1」です。Remove the ++ and — operators にそのメリットとデメリットを比較して説明しています。この段階ではまだ非推奨でしたが最終的にSwift3で削除となりました。

++ +=1
-=1

C言語系からやってる人からすると当たり前のように使っていたのに、という違和感はすごくありますが、まあ2つづつインクリメントするときは結局「+=2」としているので統一性があるといえばありますね。
 
AppleとしてはSwiftをこれから勉強する若い人たちをターゲットにして、Swiftを広げていこうという意図が感じられますね、逆に言うと古いC言語老人はObjective-Cで遊んでいろということでしょうか

一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。


TECH ACADEMY
自宅にいながら1時間でプログラミング基礎を習得

こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン



とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約20,000名の受講生と300社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。


誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする