[iPhone] スマホアプリに画像を貼る UIImageの使い方(Objective-C)

画像を扱うための基本クラス UIImage Classその使い方について。通常画像を表示するにはUIImageViewとセットで使いますが、UIImageで取り込んだ画像を背景パターンとすることもできます。
 

Objective-C
Xcode 9.4

 

UIImage

 
全ての画像フォーマットを扱えるわけではありません。使える画像フォーマットは
UIImage Class Reference によると以下のものになります。

Format 画像拡張子
TIFF .tiff .tif
JPEG .jpg .jpeg
GIF .gif
PNG .png
BMP .bmp
Windows icon Format .ico
Windows Cursor .cur

 
ザックリ、概ね、大丈夫でしょう
いざとなればこの画像に変換すればいいだけでしょうね
 

ImageNamed

 
画像ファイル名を指定した UIImage オブジェクトの作成

画像を作成するための簡単な方法は「imageNamed:」メソッドを使用する方法です
画像がキャッシュされるので、同じ画像を何度も表示する場合に向いています
 
UIImageはUImageViewと一緒に使われることが多いです。

UIImageで取り込んだ画像を背景パターンとした例です。
ここでは画像のサイズが844×562でプロジェクトに「Add Files to…」にて追加しました。
 
ViewController.m

 
シンプルな画像で背景を作成するときに便利かもしれません。
 

 
Swiftはこちらを参照してください。
 
 
Ref:
UIImage – UIKit | Apple Developer Documentation

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


【Powerbeats Pro】
完全ワイヤレスイヤフォン
AirPodsより長い、最長9時間の再生が可能
イヤーフックにより安定性と付け心地

【モバイルバッテリー iPhone 大容量 ワイヤレス充電 Qi】
モバイルバッテリー ワイヤレス充電 大容量 10000mAh Qi iPhone 急速充電 充電器 ワイヤレス充電器 軽量 実効容量 急速 バッテリー おしゃれ ガラス画面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする