[iPhone] UIImageView 定義と使い方 (Objective-C)

UIImageView クラスは画像のコンテナを提供するもので、複数の画像によるアニメーションもサポートしています。
 

Objective-C
Xcode 9.3.1

 

UIImageView

 
Objective-Cでの開発、あるいはメンテが続くのでしょうか。SwiftでのUIImageViewをコードで設定は以下になります。(間違えてここに来られたらすいませんが)

[iPhone] 画像UIImageViewをSwiftコードで設定する
iOSアプリで画像を表示させるには UIImageView を使います。Appleの場合、Retina ディスプレーでより綺麗に見せるために...

UIImageViewの設定方法として2通りあります。
1) 画像は一旦UIImageで取り込んでからUIImageViewに設定し、initWithImageを使って初期化します。
 

 
2) ImageViewに画像を設定する方法として、単独で初期化して
 

 
作成したインスタンスに、指定した画像を入れます。動的に画像を変更したい場合はこれを使うことになります。
 

 
画像の表示位置を設定する例です。(160,120の座標に画像の中央を合わせる)
 

 

UIImageView サンプルコード

 
Storyboard を使わず画像を表示させるだけのコード
事前作業として、

  1. 新しいプロジェクトを作り、Single View Application を作成 >> Single View Application
  2. 画像をプロジェクトに追加します。
    右クリックでメニューの [Add Files to “xxx”…] を選択 ファイルを選んで [Add]
    画像ファイル、例として sample@2x.jpg の画像をプロジェクトに追加します。

scroll_2
 
また画像ファイルは”sample”だけでは読み込んでくれませんので”sample@2x.jpg”まで必要です。画像は Assets.xcassets に入れることもできます。

UIImageViewの画像が画面中央に来るように設定してみました。
 
ViewController.m

 
Build して実行すると、画像が表示されます。
 

 
 
Ref:
UIImageView – UIKit | Apple Developer Documentation
 

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする