[iPhone] UITextField がkeyboardで隠れないようにする

UITextFieldがスクリーンの下に配置された場合にKeyBoardで隠れてしまうことがあります。そのような場合はUIScrollViewを使って移動させれば解決ですね。
 
UITextField

Swift 3.1
Xcode 8.3.2

 

UITextFieldがKeyboardで隠れる

 
Androidであれば自動的にやってくれるのにと思うこともありますが、まあそれぞれコンセプトやらで違いがあるのは当然なのでしょう。逆にお互いに似通ったUIなどにすると「え〜っ」となりますので、勝手なもんです。

 

UIScrollView上にUITestFieldを設定する

 
基本的なUIScrollViewの使い方はこちらでやりました。今回はStoryBoardを使ってみます。
 
UIScrollViewをスクリーンにいっぱいに配置します。(後でコードで指定するのですが)

その上にUIImageView, UILabel, UITextField をそれぞれ配置
UILabelは背景を半透明の白にしてフォントを大きくして決めうちで「元気してる?」と入れました。
 

 
次はコードですが、こちらの基本的な内容を踏まえて、UIScrollViewの表示窓はスクリーンサイズにし、UIScrollViewの大きさをスクリーンの縦方向を2倍にしました。これで縦方向のみのスクロールになります。
 
ViewController.swift

 
これでStoryBoardの紐付けをそれぞれして起動してみます。
 

 
キーボードで隠れたので自分でスクロールさせて入力するところまでできました。
これを自動でやればいいのです、はい。

 

UIScrollViewを自動で移動させる

 
キーボードはUITextFieldを編集し始めると出現しますが、このタイミングで
UIKeyboardWillShowというNotificationが出ている訳です。

その情報をキャッチした後に、キーボードの上部とUITextFieldの底を調べて重なりを計算、重なっていた場合はUIScrollViewを移動させるというシナリオです。
 
viewWillAppearでNotificationCenterにNSNotification.Name.UIKeyboardWillShowが現れるのをオブザーブさせます。
同様にKeyboardが隠れるケースNSNotification.Name.UIKeyboardWillHideも監視させる。
 
viewWillDisappearではこれらを解放する処理も入れます。
 

 
上のSelectorで指定したfunctionを記述します。
 

 
20.0のオフセットを入れましたが状況に応じて変えてください

 

まとめのコード

 
以下まとめたものです。
 
ViewController.swift

 

 
スクロールできましたでしょうか
 

References:
How to make a UITextField move up when keyboard is present?
大きい画像を UIScrollView でスクロールする
TextField のキーボードを閉じる方法を3つ


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする