[iPhone] iOSアプリを登録、申請して公開するまで


iOSいわゆるiPhoneアプリをApp Storeからリリースするための申請作業はそれなりに面倒です。ただ、きちんと作業をすれば問題ありません。ここでは、最初に全体像を把握してその後詳細に入っていきましょう。
 

iOSアプリ リリース OverView

 
登録申請までの大まかな流れです。

  1. Certificate, Profile などの設定
  2. Xcodeを使ってコードを記述、デバッグ
  3. App Store Connect にアプリをuploadするため登録
  4. XcodeからアプリをArchiveしApp Store Connectにupload
    • TestFlightなど実機によるテストを含む
  5. App Store Connect にアプリ提出のための情報を登録
  6. 審査へ提出する

!2021年4月26日以降、App Storeに提出するすべてのiPhoneおよびiPad向けAppをXcode 12とiOS 14 SDK以降のバージョンでビルドする必要があります。iOS SDKはApp Clip、ホームスクリーンのウィジェット、ARKit、RealityKit、その他さまざまな新機能へのアクセスを提供します。詳細はこちら、
App Storeの提出に関するアップデート
今後のiOSアップデートで常に最新のiOSが使えるように制約が出る可能性があります。

コーディングやTestFlightでの実機テストを除いた申請に関するところは以下のようになります。
 

 

iOS Certificate の作成手順

 
大前提として、年会費を払って開発者登録しなければなりません
ドル円の為替レートで調整されますが概ねUS$100です。(為替で変わります)
 
最終的に、製品(配布)用の証明書を得るのが目的です
Mac での下準備:
Production Certficate の作成のためには証明書を要求するための下準備が必要です
Macで「キーチェーンアクセス」を使い

CertificateSigningRequest.certSigningRequest

をデスクトップに保存します
 
Apple Developer の
Certificates Identifiers & Profiles
にアクセスして
Production Certificate
製品(配布)用の証明書を作成します

製品用「ios_production.cer」
が最終的にできあがりますので
ダブルクリックしてキーチェーンアクセスに反映させます
 
詳細: iOS Certificate の作成手順

 

iOS App IDs の登録

 
App ID は基本的にはアプリ毎に作成しますがワイルドカード「*」を使うこともできます。
また、一度作った App ID は削除できません
 
ここで設定する内容は以下の3点です

  1. アプリの名前
  2. Bundle ID
  3. App Service の設定
    例えば、Push Notification等

 
詳細:iOS App IDs の登録

 

Provisioning Profile の作成

 
Provisioning Profile はアプリ毎に作成します
Production Certificate に紐づけられているので
それを先に作っておく必要があります

xxx.mobileprovision

というファイルを最終的に作ります
 
詳細:Provisioning Profile の作成

 

アプリ申請のためXcodeでアップロードする

 
ここで必要なものは今までに作成した
– Bundle Identifier
– Distribution の Certificate (Production Certificate)
– Provisioning Profile
 
「Validate」
「Distribute App」
これでアップロードが成功すれば次のステップです
 
詳細:アプリ申請のためXcodeでアップロードする

 

App Store Connect にアプリ情報を登録して申請する

 
アプリの情報を登録します
アイコン 1024×1024
スクリーンショットが2枚以上必要です
(開発ターゲットによって異なります)

 
詳細:App Store Connect にアプリ情報を登録して申請する
 

最終的にApp Store Connect にあるアプリが

「審査待ち」

になるようにします。
 

  1. 概要
  2. iOS Certificate の作成手順
  3. iOS App IDs の登録
  4. Provisioning Profile の作成
  5. アプリ申請のためXcodeでアップロードする
  6. App Store Connect にアプリ情報を登録して申請する

 
References:
開発者向けのドキュメント – Apple Developer
Submit Your Apps to the App Store – Apple




一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。



TECH ACADEMY
iPhoneアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。



CodeCamp

直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。



侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン




誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする