[iPhone] Xcode をインストールする, iOSアプリ作成準備

iOSアプリ開発は色々と「壁」があります。反面、自分の作ったアプリがiPhone上で動いたときは感動です。まずそのアプリを作る環境ツールであるXcodeをインストールしましょう。
 

 

  1. Xcodeをインストールする
  2. Xcode の使い方
  3. コードの記述について
  4. 開発者登録をする
  5. 実機でアプリを確認する

 

Xcode 8.3.1

 

アプリ開発の概要

 
全体の流れを要約してみるとこうなります

  • 開発ツール、Xcodeをインストール
    • Mac PC が必要(基本的には)
  • Xcode を使ってコーディング
    • 開発言語は Swift あるいは Objective-C
  • simulatorで確認
  • iPhone 実機でアプリを確認する
    • ソフトの勉強だけならここまでで終わりとすることもあり
  • アップルに開発者登録をする
    • アプリを公開したい場合は、開発者登録をする
    • 年間参加費 1万円前後 (税別)(US$99ですが為替で変わります)
  • アップルにアプリの申請を行い、承認されると公開できます
    • リリース拒否(Reject)されることがありますから注意

 

 

Mac PC の用意

 
開発環境として必要な物、基本はMac PCです。Appleの公式開発ツールであるXcodeはMac上でのみ動作します。Windows用のソフトはありません。
 
Xcode 8.3.1 をインストールするためには、Macの macOS :10.12 以降が必要です。
詳しくはAppleサイトでXcode(あるいはこちら

Apple MacBook Pro ME294LL/A 15.4-Inch Laptop with Retina Display (OLD VERSION) [並行輸入品]

新品価格
¥2,060,800から
(2017/4/9 11:41時点)


WindowsでiOSアプリを開発したい:
よく Windows でできないかと訪ねる方がいます。確かにiOS開発のためだけにMacを買うのは結構な投資です。実は私も、その昔に Mac が必要と分かってその時点で折れました(汗
 
Windows PC で開発のみの限定ですが方法はあります

これらはiOSと同時にAndroidなども開発できてしまいます。それぞれ違いがありますが、PC上でのビルドまでできるものもあるようです。但し開発言語が異なりSwiftの勉強にはなりません。また目的から外れたアプリ開発はむしろ大変です。(UnityでTo doアプリとか)

ただし申請用のビルドをしてアプリ公開にはXcodeが、つまりMacが「最終的に」必要のようです。技術的に可能・不可能というのとは異なり、規約違反、訴えられる的な要素を含みます。(英語の法律用語満載の長い規約をちゃんと読んでないので分かりませんが)
Apple Developer サポート にはこのような記述があります。

Apple プラットフォーム用に App を開発するには Mac が必要ですか?

はい。OS X Yosemite (v10.10 以降) を搭載した Intel ベースの Mac が必要です。

また、Appleの仕様変更にそれぞれのサードパーティーのプラットフォームが迅速に追従できるかは大いに疑問です。(Macでフツーに開発していてもこれは結構苦しみます)

そこを何とか安くできないの?:
結局Macが必要なのですが、そこを何とか安くする方法として、
VisualStudioであればbuildまでできるので、後は安いMacで申請のみするとか

Unityもある程度作れるのでbuildして申請するだけなので、Mac用モニターがあればMac miniとか安い中古で対応することもできそうです。

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

中古価格
¥59,800から
(2017/4/9 11:25時点)


注意点として、あまり古いmacは最新のXcodeがインストールできません。
中古でアップデートできるか確認して購入しましょう macOS Sierraへのアップグレード またこの情報は直ぐにアップデートされてしまうので確認が必要です。

 

Xcode インストール

 
Xcode は Mac App Store から無料でダウンロードできます
 
Mac App Store にアクセス
外部プロトコルリクエストで「アプリケーションの起動」をクリック
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-14-45-57
 
あるいは、「Mac App Store で見る」のボタンをクリック
 


 
「インストール」をクリックします
 

 
この場合 Xcode がバージョンアップされてしまい前のものを残しておきたい場合もあります
欲しいものを個別にダウンロードしたい場合には
 
https://developer.apple.com/downloads/?q=xcode
 
Apple Developer として開発者登録が必要です。ここにはXcodeの古いバージョン もあります
 
Apple ID とパスワードを入力します。あるいは新規で作成します。
 

 
Xcode_xxx.xip (Xcode_xxx.dmg) を選びダウンロードします
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-16-05-25

 

Mac PC の使い方

 
ダウンロードしたけど
ファイルはどこ?
 
結構 Mac の使い方が Windows とは違うので戸惑います
(Mac に慣れている方は跳ばしてください)
 
Mac の下にあるリストの「Finder」がWindows のエキスプローラに相当します
Finder を開くとファイルは「ダウンロード」フォルダに保存されています
 

 
Xcode_8.3.1.xip (Xcode_8.3.1.dmg) のファイル名で保存され、それを展開してクリックすると検証が始まります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-16-09-54
その後、規約に同意、macのパスワードなどをいれてインストールが始まります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-16-12-17

Xcode.app が使えるようになりました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-16-21-00
 

 
これでインストールは終わりです

  1. Xcodeをインストールする
  2. Xcode の使い方
  3. コードの記述について
  4. 開発者登録をする
  5. 実機でアプリを確認する

 


ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする