[iPhone] Xcode ウィンドウの名称


Xcode はアプリケーションを開発するだけでなく、ビルドやデバックも含めた総合開発環境です。
例えば、メモリ仕様状況やCPUの稼働状態等を確認することができます。

  1. Xcode のインストール
  2. Xcode の使い方
  3. コードの記述について
  4. 開発者登録をする
  5. 実機でアプリを確認する
  6. Xcode:ウィンドウの名称 ⬅︎
  7. iOSのバージョンと画面・カメラサイズ

 

Xcode 11.3.1

 

Xcode workspace

 
Storyboardで開発するケースです。SwiftUIの場合はStoryboardがなくなりContentViewを使うことになります。
〜〜〜

Xcodeには大きく4つのエリアがあり、デバッグ用のエリアを入れると5つに分かれています
 

 

 

ナビゲーター・エリア

 
ナビゲーター・エリアのセレクター・バーの中にあるフォルダアイコンをクリックすると Project Navigator が表示されます。
 
プロジェクトで使うファイルが全て見えます。
階層化されていますが、実際のFinderでのファイル階層とは異なることもあります。
 

 
ファイル、ViewController.swiftなどを選択するとエディター・エリアに表示され編集ができます。
(注)ダブルクリックすると別ウィンドウで立ち上がってわかりにくくなりますので、クリックは1回で
 
Main.soryboard をクリックすると、エディター・エリアに
ストーリーボードが表示され編集ができるようになります。
 

 
また、虫眼鏡のアイコンをクリックすると
Find Navigator が現れ、ここで検索文字を入力すると
ソースコード内の検索結果が出力されます。
 

 
Debug navigator は実行中の CPU や Memory などの状況を確認できます。
 

 
simulatorでアプリを実行させCPUの状態を確認することができます。
その他に、Memory、Disk、Networkのナビが可能です。
 

 
Navigationは他に

  • Symbol Navigator: Classやメソッド、変数が一覧で表示される
  • Issue Navigator: エラーなどの問題がある箇所を示す
  • Test Navigator: テストプログラムの表示
  • Breakpoint Navigator: ブレークポイントの一覧
  • Long Navigator: 変更、実行の履歴

などの解析ツールがあります。

 

エディター・エリア

 
エディター・エリアでは、ViewController.swift などのソースを表示してコーディングができます。
 

 
また、ストーリーボードではレイアウトを見ながらアプリの外観を作成できます。
 

 
エディター・エリアの下にあるアイコンで View Controller Scene を開いたり閉じたりできます。

 

ユーティリティー・エリア

 
ユーティリティー・エリアは以前は上下2つに別れてインスペクターとライブラリーがありましたが、Xcode 10からはインスペクターのみとなりました。

ライブラリーは画面上部のアイコンを使います。
(Xcode11からは◎ではなく+のアイコンになりました)
 

 
インスペクターではエディター・エリアで選択した項目に関する情報や、あるいはその場で編集ができます。
この場合はUIButtonに画像を設定したものを選択した状態で、TypeがCustomでImageをyoga_0という画像にしていることがわかります。
 
また、画面上部に selector bar があり細かい情報、設定ができます。現在は鉛筆マークになっています。
 
ライブラリーはエディター・エリアにドラッグ&ドロップで部品を追加するためのものでアイコンから検索窓が現れますので「Button」などで探すことができます。

 

デバッグ・エリア

 
ツールバーの左端にある三角形が
ビルドと実行のアイコンです。
 

 
その隣には、実行するターケッドを選択できるリストがあります。
 

 
右端には、全体のエリアを閉じたり開いたりする View があります。
 
screen-shot-2016-10-06-at-18-39-57
 
この3つはそれぞれ、ナビゲーター・エリア、デバック・エリア、
ユーティリティー・エリアを閉じたり開いたりできます。
 
screen-shot-2016-10-06-at-18-42-47

 

ツールバー

 
デバックログやエラーを見ることができます。
 

 
Break pointを仕込んでエラーの原因を探ることもできます。
 

 
 

    1. Xcode のインストール
    2. Xcode の使い方
    3. コードの記述について
    4. 開発者登録をする
    5. 実機でアプリを確認する
    6. Xcode ウィンドウの名称 ⬅︎
    7. iOSのバージョンと画面・カメラサイズ

一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。


TECH ACADEMY
自宅にいながら1時間でプログラミング基礎を習得

こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン



とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約20,000名の受講生と300社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。


Play Ground
本業と並行してやるには月額制なのがありがたいです。


無料で転職まで
これはiOSアプリ限定ではありませんが無料です
その代わり就職することを前提にしたスクールで「エンジニアになって職を得たい」のであれば手っ取り早いかもしれません


誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする