[iPhone] CABasicAnimationを使たアニメーション

アニメーションは処理が重いのですがCABasicAnimationを使うと比較的スムーズな動きを出せます。こちらで画像のモザイクを試しましたが、それを動画にしてみましょう。
 

Swift 4.0
Xcode 9.2

 

CABasicAnimation

 
CALayer の CA は Core Animationのことでアニメーションの画像処理系の重い処理に適しています。またUIViewと被っているような気もするのですが、その差は
CALayer
‘An object that manages image-based content and allows you to perform animations on that content’

アニメーション的な処理はこちらが使いやすいということのようです

UIView
‘An object that manages the content for a rectangular area on the screen.’

描画する領域について色々定義しているということでしょうか

モザイク画からフェードインするような演出を作ります。 
rasterizationScale をキーにして CABasicAnimation のインスタンスを生成
duration でアニメーション期間を設定して、その間の開始と終了時のキー値を入れます。
imgView.layer に追加する
コードは以下のようになります。
 
ViewController.swift

 
Swiftのいつの頃からか、QuartzCore.framewarkを入れなくてもできるようになりましたね
 

 
画像のちょっとしたアレンジができそうです。
 
 
関連ページ:

References:
CABasicAnimation – Core Animation | Apple Developer Documentation
UIImageView – UIKit | Apple Developer Documentation
UIImage – UIKit | Apple Developer Documentation

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする