[iPhone] CABasicAnimationを使たアニメーション

アニメーションは処理が重いのですがCABasicAnimationを使うと比較的スムーズな動きを出せます。こちらで画像のモザイクを試しましたが、それを動画にしてみましょう。
 

Swift 4.0
Xcode 9.2

 

CABasicAnimation

 
CALayer の CA は Core Animationのことでアニメーションの画像処理系の重い処理に適しています。またUIViewと被っているような気もするのですが、その差は
CALayer
‘An object that manages image-based content and allows you to perform animations on that content’

アニメーション的な処理はこちらが使いやすいということのようです

UIView
‘An object that manages the content for a rectangular area on the screen.’

描画する領域について色々定義しているということでしょうか

モザイク画からフェードインするような演出を作ります。 
rasterizationScale をキーにして CABasicAnimation のインスタンスを生成
duration でアニメーション期間を設定して、その間の開始と終了時のキー値を入れます。
imgView.layer に追加する
コードは以下のようになります。
 
ViewController.swift

 
Swiftのいつの頃からか、QuartzCore.framewarkを入れなくてもできるようになりましたね
 

 
画像のちょっとしたアレンジができそうです。
 
 
関連ページ:

References:
CABasicAnimation – Core Animation | Apple Developer Documentation
UIImageView – UIKit | Apple Developer Documentation
UIImage – UIKit | Apple Developer Documentation

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが
結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しなのでお得です。」


 

 

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




Apple Watch Series 4
44mm
(GPS)/(GPS+Cellular)
スペースグレイアルミニウムケース
ブラックスポーツバンド




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする