[iPhone] UIImageView 画像をドラッグさせる

画像を指でドラッグさせるなどは、スマホになってできるようになった画期的な機能ですがどのようにプログラムするのでしょうか?意外と簡単です、簡単に使えるように設定されてます。
 

Swift 4.0
Xcode 9.2

 

touchesBegan/touchesMoved/touchesEnded

 
drag させるには

これを使います

移動の座標は

のように使います

指の移動がtouchMovedで座標の変化となり、その座標にUIImageViewのFrame位置を合わせていくと指に引きずられていくような効果になります。

まとめると

ViewController.swift

 
例として、handbag@2x.jpg の画像をAssets.xcassets に入れました。
あるいは 「Add Files to …」で取り込むことでも可能です。
 
ストーリーボードに UILabel を配置してX, Y座標も表示して
コードと紐付けすれば、画像のドラッグができるようになります
 

 
 
関連ページ:

References:
touchesBegan(_:with:) – UIResponder | Apple Developer Documentation
UIImageView – UIKit | Apple Developer Documentation
UIImage – UIKit | Apple Developer Documentation

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが
結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しなのでお得です。」


 

 

誤字脱字、意味不明などのご意見は 謙: e-mail まで
ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter:




Apple Watch Series 4
44mm
(GPS)/(GPS+Cellular)
スペースグレイアルミニウムケース
ブラックスポーツバンド




ページのトップへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする